Featured Posts

[特集][feat1]

JOURNAL180618

11:14
義理というのはなんだろうか。 ぼくは、たった数回しか会ったことのない外国人に、勝手に義理を感じている。 その外国人は、日本で仕事をしながら、音楽をやろうと思っていた。 というか、やっていた。 母国でもやっていたんだが、日本にやってきて、 ...
JOURNAL180618 JOURNAL180618 Reviewed by asahi on 11:14 Rating: 5

JOURNAL180617

23:07
次の出版計画をたてている。 いくつかの出版社には声をかけているのだが、 少しその題材を迷っている。 ひとつは、著作権についての本。 もうひとつは、歌詞についての本。 著作権についても、歌詞についても、 このブログで結構書いている内容。 ...
JOURNAL180617 JOURNAL180617 Reviewed by asahi on 23:07 Rating: 5

JOURNAL180614

17:29
昨日は、トークイベントだった。 川島素晴先生と、新垣隆さんと三人で。 すばらしい盛り上がりだったね。 本について、落とすとこは落とし、上げるとこは上げる、 自由な形で。 何回か、川島先生が大笑顔で 「だから、この本を読んでも、現代...
JOURNAL180614 JOURNAL180614 Reviewed by asahi on 17:29 Rating: 5

JOURNAL180608

11:50
最近は1日を有効に使おうと、 週間のスケジュールみたいなものを作成している。 たとえば、朝の何時に起きてこの勉強をやって、 そのあと30分後に日記を書いて、 何時にメールチェックをして、 などなど。 フリーランサーの「怠け」という特...
JOURNAL180608 JOURNAL180608 Reviewed by asahi on 11:50 Rating: 5

JOURNAL180606

8:07
現代音楽のコンサートに行ったのだが、 20曲くらいの曲目の中、 著作権に言及している、 もしくは明らかな形で別の曲を引用しているようなタイプの曲は 三分の一もあった。 それに、なんども著作権という言葉が会話の中に出てくる。 こういったジャ...
JOURNAL180606 JOURNAL180606 Reviewed by asahi on 8:07 Rating: 5

自由現代社への怒り爆発の記録

20:29
自由現代社から出版された拙著 『はじめての〈脱〉音楽 やさしい現代音楽の作曲法』 が好評でありがたいのだが、 それ以上にぼくは怒っている。 出版社に対する怒りだ。 自由現代社という出版社は、ぼくの本が初めて刊行されて世に出た出版社なので、 心か...
自由現代社への怒り爆発の記録 自由現代社への怒り爆発の記録 Reviewed by asahi on 20:29 Rating: 5

JOURNAL180508

17:27
先日「ぽらふぇす」っていうライブに出演して、 そのイベントというのが、アイドルがたくさん出演する(総勢40組)フェスで、 お客さんから「macaroomさん、よくこのイベントOKしたなあと思いました」 といわれた。 つまり、「macaroomさんが...
JOURNAL180508 JOURNAL180508 Reviewed by asahi on 17:27 Rating: 5
Powered by Blogger.