JOURNAL180815

18:26
朝からずっと『weiwei』の発送をする。 CD-Rをケースにいれて、 それからCD-Rと本をまとめてビニールにパッキング。 そして、emaruの一言レターとイベントのフライヤーをまとめて、 スマートレターに入れる。 ...
JOURNAL180815 JOURNAL180815 Reviewed by asahi on 18:26 Rating: 5

JOURNAL180814

11:37
ぼくの本が紀伊国屋で売れているという情報をききつけて、急遽新宿へ。 紀伊国屋書店。 トップ・オブ・ザ・本屋。 堂々の一位。 これは素晴らしい。 店員に話しかけるが、微妙な反応。 まあいい。これは親に見せたい光景。 それから...
JOURNAL180814 JOURNAL180814 Reviewed by asahi on 11:37 Rating: 5

JOURNAL180813

11:02
『weiwei』の購入問い合わせがきたりして、一時的に対策する。 自分用に小さなペンケースを買う。 本当に小さくて、ペンが2本くらいしか入らない。 昔、弁論大会で全国大会に出た時に、 8位入賞してもらったバーバーリーの万年筆、 今でも使っていて、...
JOURNAL180813 JOURNAL180813 Reviewed by asahi on 11:02 Rating: 5

JOURNAL180812

13:07
知久寿焼さんとmacaroomのツーマンライブ。 UFO CLUBの狭いハコぎゅうぎゅうにお客さん。 ライブ後の飲み会では、 知久さんと今後のことについてちょくちょくと話す。 川島先生がお客さんとしてきてくれたが、 挨拶もできずに帰ってしまう。 まあ、みーくんは...
JOURNAL180812 JOURNAL180812 Reviewed by asahi on 13:07 Rating: 5

JOURNAL180811

16:48
ご近所のご夫婦にコンビニで会う。 「がっくん、今からブルーベリー畑いかない?」と元気に誘ってくる奥さん。 真木よう子に似た奥さん。 お断りしたが、 夫婦はコンビニでお湯を入れた貝汁を片手に 車に乗り込んでいった。 「おれら、ブルーベリー畑にいくときは、いつ...
JOURNAL180811 JOURNAL180811 Reviewed by asahi on 16:48 Rating: 5

JOURNAL180810

21:36
川島素晴先生のコンサートを観に行く。 macaroomで。 先生は最近兄からカンフーを習っているので、 その関係から(かは不明)、ご招待。 『川島素晴 works Vol.2』 先生の学生時代の作品を、数十年の時を経て一挙に演奏するというもの...
JOURNAL180810 JOURNAL180810 Reviewed by asahi on 21:36 Rating: 5

JOURNAL180726

14:45
8月18日に、自分たちでつくった雑誌を発売することになった。 「weiwei」って名前。 最初はこの雑誌、「土地雑誌」にしようと思っていた。 そんなジャンルがあるかは知らないけど。 なんでかというと、ここ数年来、土地の問題についてうっすーらと考え...
JOURNAL180726 JOURNAL180726 Reviewed by asahi on 14:45 Rating: 5

JOURNAL180622

15:50
知久寿焼さんのライブに行った。 急遽いくことになったので、途中から参加。 ちょうど「いなくていい人」の演奏と同時に滑り込む。 ライブ後は知久さんと打ち上げ的な飲みを。 本当に素敵な方たち。マネージャーさんも含めて。 ところで、macaroomというか、K...
JOURNAL180622 JOURNAL180622 Reviewed by asahi on 15:50 Rating: 5

電車でおっぱいをくっつけてきた女性

11:54
満員電車、とはいえないレベルの車内で、 女性がぼくのひじにおっぱいをくっつけてきた。 ぎゅうぎゅうではないにしてもそこそこ人が乗っていたので、 たまたま、な気もしたし、 たしかに違和感のあるくっつきかたにも思えた。 痩せ型の女性で、OL風、ぼ...
電車でおっぱいをくっつけてきた女性 電車でおっぱいをくっつけてきた女性 Reviewed by asahi on 11:54 Rating: 5

JOURNAL180618

11:14
義理というのはなんだろうか。 ぼくは、たった数回しか会ったことのない外国人に、勝手に義理を感じている。 その外国人は、日本で仕事をしながら、音楽をやろうと思っていた。 というか、やっていた。 母国でもやっていたんだが、日本にやってきて、 ...
JOURNAL180618 JOURNAL180618 Reviewed by asahi on 11:14 Rating: 5

JOURNAL180617

23:07
次の出版計画をたてている。 いくつかの出版社には声をかけているのだが、 少しその題材を迷っている。 ひとつは、著作権についての本。 もうひとつは、歌詞についての本。 著作権についても、歌詞についても、 このブログで結構書いている内容。 ...
JOURNAL180617 JOURNAL180617 Reviewed by asahi on 23:07 Rating: 5

JOURNAL180614

17:29
昨日は、トークイベントだった。 川島素晴先生と、新垣隆さんと三人で。 すばらしい盛り上がりだったね。 本について、落とすとこは落とし、上げるとこは上げる、 自由な形で。 何回か、川島先生が大笑顔で 「だから、この本を読んでも、現代...
JOURNAL180614 JOURNAL180614 Reviewed by asahi on 17:29 Rating: 5

JOURNAL180608

11:50
最近は1日を有効に使おうと、 週間のスケジュールみたいなものを作成している。 たとえば、朝の何時に起きてこの勉強をやって、 そのあと30分後に日記を書いて、 何時にメールチェックをして、 などなど。 フリーランサーの「怠け」という特...
JOURNAL180608 JOURNAL180608 Reviewed by asahi on 11:50 Rating: 5

JOURNAL180606

8:07
現代音楽のコンサートに行ったのだが、 20曲くらいの曲目の中、 著作権に言及している、 もしくは明らかな形で別の曲を引用しているようなタイプの曲は 三分の一もあった。 それに、なんども著作権という言葉が会話の中に出てくる。 こういったジャ...
JOURNAL180606 JOURNAL180606 Reviewed by asahi on 8:07 Rating: 5

自由現代社への怒り爆発の記録

20:29
自由現代社から出版された拙著 『はじめての〈脱〉音楽 やさしい現代音楽の作曲法』 が好評でありがたいのだが、 それ以上にぼくは怒っている。 出版社に対する怒りだ。 自由現代社という出版社は、ぼくの本が初めて刊行されて世に出た出版社なので、 心か...
自由現代社への怒り爆発の記録 自由現代社への怒り爆発の記録 Reviewed by asahi on 20:29 Rating: 5
Powered by Blogger.